旅行:海外, 珍しい旅行先の情報(ガイドブックにない情報)

海外逃亡中9日目 スリランカ キャンディ~ガンパッハ シンハラ、タミルの正月

2015年4月14日、スリランカはお正月!朝早く起きて初詣は佛歯寺へ。
2015-04-14 11.10.21

まぶしい太陽が丁度仏歯寺の向こう側からのぼりはじめている。
2015-04-14 11.12.45
2015-04-14 11.16.38

入場料を支払うとCDがついてきた。中身は仏歯寺紹介動画だった。なんと近代的な。
2015-04-14 11.20.22

サンダルを預けて、入場。そうだ、ちなみにこちらの寺院は裸足になるのね。
2015-04-14 11.23.19
2015-04-14 12.20.37-2
2015-04-14 11.24.25
2015-04-14 11.31.05

仏歯寺:ダラダー・マーリガーワ寺院(Dalada Maligava)

仏陀の死後、歯は遺骨と同様にインド各地に分割され、4世紀、スリランカにその歯がもたらされたそうな。スリランカでは仏歯が王権の正統性の証し、王都が移動すると仏歯も移動し、祀られてきた。現在は最後のウダ・ラタ王国の旧王都のキャンディ、ここ仏歯寺に安置。仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして神のように祀られたとのこと。

2015-04-14 11.52.07
2015-04-14 11.54.46
2015-04-14 12.10.53

それにしてもたくさんのお猿さんは、スリランカにしか生息しない「トクモンキー」というお猿さん。
2015-04-14 12.17.39
お供えの花を食べる。うまいかっ?

ジャンプ!
2015-04-14 12.26.44
2015-04-14-12.26.47
おかあちゃんにつかまる赤ちゃん。

2015-04-14 12.26.49

お寺の横はキャンディー湖
2015-04-14 12.42.50

コロニアル建築のQueen’s Hotel。
2015-04-14 12.44.28

お正月ということで、お店はどこも閉まっているが、佛歯寺すぐそばということもあり、さすがに車は多い。
2015-04-14 12.50.28

シンハラ・タミル新年は、新年初めて食事をする時間というのが決まっているそう。そんなことも知らず、スリランカカレーパンなるものが売っていたのでテイクアウト。ホテルの部屋に戻ってでちらっと朝ごはんに。
2015-04-14 12.48.06
2015-04-14 13.15.33

荷物をまとめて今度は昼ごはん。カフェ アロマ イン・キャンディというところに宿泊したが、広くてキレイで日本人的にとても快適。1階がカフェになっていて、そちらで昼ごはん。ビリヤニ。
2015-04-14 16.07.15

シンハラ&タミル新年はどこもお店が閉まっているが、植物園は空いている!とグニさんは調べてくれた。

植物園・・・興味ないなあ・・・と思いつつ・・・
2015-04-14 17.08.28 s

でけえ・・・

2015-04-14 17.16.26

木の大きさが半端ない。気候の違いに改めて気づく。

2015-04-14 17.26.44 s

不気味な植物!ギアナ原産のキャノンボールツリーというそうな。

昼1時過ぎ、どこかですごい数の爆竹の音が聞こえてきた。その頃周りでは芝生や木陰でランチを始める人がたくさんいた。あとでグニさんに聞いてみると、お正月の食事を開始してよい時間なんだそうな。このようにシンハラタミル新年では年始めに、何か始める時間というのが決まっている。
2015-04-14 17.44.23
爆竹の音に驚いたからか、たくさんの黒い物体が飛び回っている。鳥かと思いきや、インドオオコウモリ。
丁度帰国後ナレーション収録したTV番組「リトルほっぺ」でも発見!
リトルほっぺ 8話
こちら2:09頃に登場

2015-04-14 18.05.17
2015-04-14 18.22.13

ジャックフルーツ。ベジタリアンが多いスリランカではこのジャックフルーツがカレーにもよく使われている。
2015-04-14 18.32.04
たかが植物園と思うなかれ・・・だった。異国の植物園は壮大だ。

そしてグニさんが教えてくれた、新年でも開いているところはここ、ピンナワラのゾウの孤児園だった。
2015-04-14 19.37.23

親を亡くしたり、はぐれてしまった象を収容している施設。
2015-04-14 20.04.49
2015-04-14 20.10.28
2015-04-14 20.27.35-1

あっという間に夕方。
2015-04-14 20.51.31
2015-04-14 20.51.48
おい。植木踏むなや。

そしてスリランカの旅の締めくくりは、グニさんお勧めの寺、アッタナガッラ・ラジャ・マハ・ヴィハラ。なんぼ聞いても名前覚えられん。
2015-04-14 22.24.43
電光ブッダの数々。最初は珍しく思っていたが、スリランカ的な敬意の表れなんやなあと気づく。

2015-04-14 22.24.53
2015-04-14 22.37.09
2015-04-14 22.39.27

お正月におまいりにくる地元の人がたくさんいた。かなりローカルスポットの用で、違う人種がとても珍しいのか、みんな目が合えばニコニコ、そして「どこから来たの?」と英語で話しかけてくる。携帯で写真も撮られたり。子供まで一生懸命英語で話しかけてくる。お経を唱えている子供もいる。

2015-04-14 22.43.32
2015-04-14 22.47.44
同じ仏教国なはずやのに、何でこんなに違うんやろう。。。

グニさんが最後に案内してくれた、なんちゃらかんちゃらというお寺は、決してきらびやかな像や豪華な建物があるような、観光用のお寺ではない。しかしもっと深くて暖かい気持ちになれる場所だった。

グニさんありがとうね。空港まで送ってもらい、バンコク行きの飛行機は夜中発。残りのルピーを使うために買い物。
2015-04-15 00.47.05
2015-04-15 00.52.04
ディルマーのアイスピーチティー。うまい。

あっという間やったなあ。。。何も考えず、なんとなくスリランカに行ってみたわけだが、こんなにええ所やとは思わなかった。自然、仏教、食べ物、感動したものは数知れず。しかし何よりスリランカ人やっ。こんなにみんなフレンドリーな国は今まではじめてだと思う。

シンガポール航空、コロンボ2:10発、バンコクへ。律儀に軽食が出たが午前3時。めちゃくちゃ寒い機内で冷たいお食事というアーユルヴェーダに反する時を過ごす。
2015-04-15 06.48.13

ちょっと睡眠。起きたらバンコクだ。

ナレーション・司会は松好屋

Comment





Comment