珍しい旅行先の情報(ガイドブックにない情報)

海外逃亡中9日目 スリランカ キャンディ~ガンパッハ シンハラ、タミルの正月

2015年4月14日、スリランカはお正月!朝早く起きて初詣は佛歯寺へ。
2015-04-14 11.10.21

まぶしい太陽が丁度仏歯寺の向こう側からのぼりはじめている。
2015-04-14 11.12.45
2015-04-14 11.16.38

入場料を支払うとCDがついてきた。中身は仏歯寺紹介動画だった。なんと近代的な。
2015-04-14 11.20.22

サンダルを預けて、入場。そうだ、ちなみにこちらの寺院は裸足になるのね。
2015-04-14 11.23.19
2015-04-14 12.20.37-2
2015-04-14 11.24.25
2015-04-14 11.31.05

仏歯寺:ダラダー・マーリガーワ寺院(Dalada Maligava)

仏陀の死後、歯は遺骨と同様にインド各地に分割され、4世紀、スリランカにその歯がもたらされたそうな。スリランカでは仏歯が王権の正統性の証し、王都が移動すると仏歯も移動し、祀られてきた。現在は最後のウダ・ラタ王国の旧王都のキャンディ、ここ仏歯寺に安置。仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして神のように祀られたとのこと。

2015-04-14 11.52.07
2015-04-14 11.54.46
2015-04-14 12.10.53

それにしてもたくさんのお猿さんは、スリランカにしか生息しない「トクモンキー」というお猿さん。
2015-04-14 12.17.39
お供えの花を食べる。うまいかっ?

ジャンプ!
2015-04-14 12.26.44
2015-04-14-12.26.47
おかあちゃんにつかまる赤ちゃん。
続きを読む

 

海外逃亡中8日目 スリランカ キャンディ シンハラ、タミルの大晦日

キャンディー郊外エレガントホテル2日目の朝食。ココナッツミルクで炊いたご飯とロティで、やっぱりカレーな。
P1320273

卵料理、スリランカンオムレツ。どのホテルも焼き具合は固め。
P1320274

ホテルのプール側のテラス。こういうとこでのんびり過ごす余裕・・・結局なかったなあ。時間があっという間だ。
P1320265

ロビーにあったカフェテーブル。中にはコイン、石、貝殻、ビー玉などが入っている。こんなんマネしたい。
P1320275
よく見ると日本の硬貨も入っている。よしおも将来のために旅の残りの硬貨を貯めておこう。

キャンディー市内に到着。明日はシンハラ&タミル新年で、今日スリランカは大晦日。ちゅうことでお店も早く閉まってしまう。早く買い物してしまわねば。
P1320280
P1320283
P1320284

キャンディ・シティー・センターというショッピングモールへ。スリランカ一のショッピングモール!との噂。まずは食料品を得るためにスーパーへ。
続きを読む

 

海外逃亡中6日目 スリランカ シギリア~マータレー

朝!ヘリタンス・カンダラマ二泊目の朝。まもなく出発。せっかくなのでホテル周りを散策。

P1310442
プールの前はカンダラマ湖。

朝日がまぶしい。
P1310465

岩にへばりつく建物、自然と同化。
P1310456

右手を見るとリスが木に登って追いかけっこ中。
2015-04-11 10.13.51 - コピー

ヘリタンス・カンダラマ全面図。左はスパ棟やそうな。いく時間なかったけども。。。
P1310491

建物の一部は岩面がせり出し、アート状態。
P1310492
P1310502

朝ご飯。うわさには聞いていたが、スリランカは3食カレーの国。
P1310511

レストランのテラスではオムレツ、パンケーキ、クレープを焼いている。
P1310515
バナナは酸味と甘みのバランス最高。うまい!

さて部屋に戻って荷造りを。裏手は岩山の斜面がせり出していて、お猿さんもいる。
P1310522

部屋のテラス、蔦がフレームになり借景のよう。
P1310534

9時出発。牛のため渋滞中。
P1310538

カンダラマ湖。釣り船。
P1310559

今日の目的はシギリヤロック!
敷地内への道を歩くとそこにはイグアナがお出迎え。
2015-04-11 13.52.04 - コピー

シーギリヤロック、この大きな岩山の上には5世紀、王宮があったそうな。
2015-04-11 14.02.07 - コピー

あまりの大きさにテンションがあがるよしお。
P1310585

シーギリヤロックは火道内のマグマが硬化して出来た岩頸で、形状は楕円柱、標高約370m、岩頸そのものの高さは約195m、全方位が切り立った崖になっている。
P1310615

中腹にはその当時描かれたシギリヤレディして知られるフレスコの女性像が見られる。
P1310625

王宮へ登る道には大きなライオンの前足。もともとライオンの顔もあったそうな。
P1310643

P1310655

頂上付近にはお猿さんも登場。誰かに似てるねんな・・・。
P1310663

頂上到着!
P1310719

P1310765
P1310778
P1310786
P1310817

「ランチやで」とグニさんがスイカをおごってくれはった。
P1310842

ダンブッラの街のほうへ戻り次の目的地へ。途中スリランカで唯一24時間営業という、大きな青果卸売り市場があるのだが、この日は農家から果物や野菜を積んだのトラックの大行列。スリランカのシンハラ&タミル新年をひかえているので、ものすごい活気。
P1310850

マータレーという地区は、スパイスで有名。各地にスパイスガーデンなるものがあり、スパイスのなる草木を見学でき、ガイドさんが色々説明してくれる。マータレー手前にある「ハイランドスパイスガーデン」へ。

胡椒の実
2015-04-11 17.31.29 - コピー

クローブ、丁子、こちら原型。歯が痛いときはこれを噛むと良いとのこと。痺れて麻痺してくる。
P1310857

ココナッツオイルを作るマシン。昔はこうやってココナッツを乾燥させて圧搾していたそうな。なんやら巷ではココナッツオイルブーム。ここは上質なココナッツオイルがいっぱいあるので買って帰らねば。
P1310863

これがカカオの実やそうな。この状態ではチョコのにおいはしない。
P1310866

アロエが生えている手前にはアロエクリームのテスター。ハゲにも良いそうだが、ガイドさんを見る限り、あまりその効果ないように思う。
P1310870

スパイスティーなるものを提供される。そこに座ってこれを飲めと。
P1310874

するとアーユルヴェーダらしきマッサージが始まる。レッドオイルなるものが入ったバームをつけて、肩、背中、腕、足とマッサージ。
2015-04-11 18.09.14 - コピー
リラックスしているように見えるが、実は蚊が心配で仕方なかった。その前に虫除けのシトロネラのスプレーも説明されて足にまいていたんやけども。

さて一通りのアトラクションのあとは、お買い物。ある程度予想はしていたが。。。予想を超える価格。ここまでのアトラクション代を考えると買わんと申し訳ないのだが。。。

実際のスパイスが生えている様子や説明は本当に興味深く十分楽しめるんだから、ここは入場料をとって、普通の値段で商品を販売すればいいのにと思う。マッサージ用のレッドオイルのバームなど、マジで良い。においでリラックスできるのと、ほんのり発熱する作用、もっと買っておいたらよかったかもと思うほど。だが高すぎる。何か惜しいなあ。。。

そして次のホテルへの道中、グニさんが「×○□△×へ行くか~?有名な寺ね~」とのこと。寺の名前を聞いてもさっぱりわからない。
P1310883

行ってみるとガイドブックに載っている、あの寺だった!

アルヴィハーラ石窟寺院。
P1310894

P1310897

寺の壁面の地獄絵図。串刺しにされてたり、切り刻まれていたり、毛虫やカラスに食べられてたり2015-04-11 19.19.14 - コピー

ぴゃーっ!!!悪いことはできまへん。。。

でも正直に生きてたら、ええとこいけるねんで。
P1310908P1310901

境内の階段を上ると、岩の景色。この岩が寺院となっている。
P1310917

街ではよくオレンジ色の布を見た。これはお葬式があるという意味だそうで、オレンジ色だとお坊さんのお葬式ということなのだそうだ。
P1310948

次の宿泊はキャンディー郊外、山の上のエレガントホテル。
P1310956
ウエルカムドリンク。

テラスから夕焼け。
P1310958

まわりにレストランはもちろんない。ホテルにて夕食。やはりカレーだ。
P1310998

 

海外逃亡中5日目 スリランカ ワスガムワ国立公園

ドライバーのグニさんと8時に待ち合わせ。今日は情報が全く無くて謎だらけのワスガムワ・ナショナル・パークへ。地図で見る限り比較的近そうだったので、そこに行くことにしたのだが。。。

ホテルを出てすぐの道でマングース発見!いきなりテンションがあがる。
P1310095
しかしここからがホンマに長かった。。。公園までの道のりは大渋滞そして、その後はずっと工事中。ボコボコの道は車で通るのが精一杯、しかも大渋滞。距離にして77キロの道のりなのに、3時間半もかかる。到着後ジープをチャーター。乗りかえて公園内へ。さらにボコボコの道を抜け・・・
P1310134

公園のエントランスに到着。ここで謎のガイドが乗り込む。動物を発見するとドライバーに伝え、車を停めてくれる。

以前に南アフリカのクルーガー国立公園に行ったのだが、そこと比べると道の整備がエライ違い。こら乗用車は絶対無理だわ。
P1310309

しかし所々で息を飲むような絶景が広がる。
P1310208

途中の休憩所(決して売店などはない)で降り、川の方へ向かう。

ガイドくんが、「クロコダイルっ」と叫ぶ。

出た!
P1310239

謎のガイドくん。国に雇われているわけではなく、ボランティアでガイドをしているそうな。「普段なんの仕事してんの?」と聞くと「ガイドしてチップで生活してる」と。「後で写真送ってね」と住所を書いた紙を渡される。「facebookは?」と聞くと、「できない」と。

P1310252
そっか。写真送るからな。

車に戻るとお猿さんがやってきた。食べ物ないねんけど。
P1310258

そうやって木の陰から見つめられてもなあ・・・
P1310274

ちゅうか二足歩行できるんかい!
P1310277

しばらくするとガイドくんとグニさんが車へ戻ってきた。そのときにこれを渡される。
P1310286
ほんまもんの野生レモンだ!!!「紅茶に入れて飲みや」とのこと。もちろん無農薬!そらそうや!

なんだかうれしくなった。。。

謎のガイドくん、何かを発見!途中で車を停めて草むらを進んでいく。
P1310320

おいおい・・・国立公園やっちゅうのに・・・アカンやろ。。。
P1310322
どや顔で陸カメを持つ。そしてカメを地面に置くと、カメはものすごい勢いで逃げていった。。。

土を指差し叫ぶガイドくん。そこにはフレッシュなレパードの足跡が!
P1310308
やっぱサファリは早朝か夕方に行くべしやねん。。。

えれふぁんとぉっ!!!
P1310340

ちょっと遠いが・・・

P1310350
P1310359
P1310408

途中でよくあった。孔雀。ジープを先導、ってか邪魔してくれた。しかし孔雀って飛ぶのね。鳥だからね。
P1310426

今日の収穫:象、ワシ、ワニ、猿、孔雀、イグアナ、トカゲ、陸ガメ、なんか訳わからん鳥、壮大な風景、めちゃくちゃな道、レモン、そして温かい心。

17時半でゲートに帰り、そこからあの行きのボコボコ道を避けて、えらい遠回りでホテルに向かう。すっかり遅くなり、途中のポロンナルワのゲストハウスで夜ご飯。グニさんは冷たい水を飲まない。そして肉を食べない。
P1310430

ヘリタンス・カンダラマの夕食ブッフェを食べたかったのだが、遅くなってしまって結局無理だった。

しかしほんまもんのレモンがあるぞ!
P1310433
ホテルのマグカップはシンハラ文字のカップだった。売店にも売っていたので入手。しかしスリランカンノリタケ製。