ジャーナリスト, ナレーション, よしお食堂international, 英語

ドイツ放送局DW、広島原爆生存者取材、英語リポーター

ドイツの国際放送局DW、ドイチェ・ヴェレのラジオ番組(英語放送)今回もジャーナリストの仕事。広島へ、原爆の被爆生存者である國重昌弘さんに取材をさせていただきました。

こちらHiroshima survivorは今回取材したDWのページ、
番組全体は、こちらWorldLink – The shadow of violenceからお聴きいただけます。

こちらクリックでプレイヤーで簡単にお聴きいただけます↓

(財)広島平和文化センターで語り部として活躍されている國重昌弘さんは現在84歳。14歳のときに原爆を体験され、その後、この話をするのは、自分にとっても聞くものにとってもいい気分ではないと、家族でさえ話ことを避けてきたのだそうですが、親友のすすめで79歳から語り部を始められたとのことです。その体験、壮絶な話しを伺い、目の前に当時の光景が生生しく浮かんできました。

取材をする前は、取材後は気持ちがどんよりするんだろうな・・・と思っていたのですが、実際貴重な体験談を伺い、またその後の國重さんのポジティブな生き方を聞き、逆に力を分けていただいたような気分になりました。

改めて平和とは何であるかじっくり考える機会となりました。このラジオ放送は、インターネットで試聴可能です。是非お聴きください。

今回もよしおはインタビュアーとして、また英語翻訳、英語レポーター・英語ナレーションも担当しています。またauthorとしてYoshie Matsumoto、おいらの名前も入れていただいてます。

さてジャーナリストの仕事なのですが、今回は、月曜日は朝から取材、帰宅後、音声をローマ字で起こして、それを一文一文翻訳していきます。編集するのはイギリス人なので、どこで何を話しているのか分かるように、タイミングを打っていきます。気付けば水曜日の朝というギラギラ。しかしこれが寝なくても元気なのは、この仕事が本当に好きだからだと思います。

DW(ドイチェ・ヴェレ)はドイツの放送局で、EU圏ではどこでも流れている、ヨーロッパ人なら良く知られている放送局です。日本ならNHK、イギリスならBBC、アメリカならVOAやらなんですが、何しろ日本には支局がないので(他のアジア諸国はあったりする)日本ではあまり知られていないようです。しかし日本ではインターネットでテレビもラジオも視聴できます。ニュースもワールドワイドで、様々な国の情報が得られ、ヨーロッパ、本拠地ドイツの話題、また英語とドイツ語放送があるので、ドイツ語学習にももってこいな放送局ですが、日本も支局があればと。。。

なので、取材前には、いつもインタビュイーにどういう放送局か説明せなアカンのよな。。。

Comment





Comment