よしお食堂international

Mandate of Heaven

会社設立の準備で大忙し。ふと、見つけましたが、あ、これ自分の声だったわ。。。(日本語の方です。)

いざ!天命の時が来た!

2017-05-01 | Posted in ナレーションNo Comments » 

 

あけましておめでとうございます。


あっという間に一年が過ぎ2017年。2016年はたくさんの方との出会いがあり、ドイツに行ったりスペインに行ったり、呑んで食べて、たくさん本を読み、勉強し・・・本当に楽しい1年で、気付けばお正月。。。色々なしがらみから解放されやっと本来の自分らしく生きられるようになった気がします。

2017年は新規事業を立ち上げます。また準備が整い次第こちらでもお知らせいたします。

んでは!今年も宜しくお願いいたします!

写真は先日訪れたスペインアンダルシア地方のサン・ルイ・サビリーニャスの海岸の朝焼け。

 

アントニオ猪木氏 on BBC World Service – Sporting Witness

openeyes4

BBCワールドサービス、Witnessという番組で、アントニオ猪木さんに取材させていただきました。
番組の内容はこちらです↓
Collision in Korea
猪木氏が北朝鮮で行った1995年のイベント、平和のための平壌国際体育・文化祝典についてのインタビューです。こちら松本好恵は取材と、翻訳で協力させていただきました。

「元気ですかー」とは言われませんでしたが、「これをもったら元気になれます!」と名刺をいただきました。お守りにせねば!

 

ナレーション録音中

戦闘系ゲームのナレーション録音中。防音室の気温がようやく心地よくなってまいりましたわ。原稿は三種の同じセリフをあらゆるテンションで繰り返さねばならいなどかなり難しおす。
ドナリ系が多いので、防音室内の吸音は必須です。ベッドパッドを張り巡らせております。
では今から録音編集入ります。

image

 

BBCラジオ東京出張中

BBCラジオワールドニュースの取材で、東京に来ております。とある先生を訪ねて、インタビューをさせていただいたのだが、お伺いしたのは参議院議員会館。初めて入るのでそれはもう興奮!入口には空港の検査のようにベルトコンベア式X線荷物チェック、自分も金属チェック。そして面会証に名前と放送局を記入し、ゲートをくぐる電子パスを受け取り受付へ。ゲートをくぐり、先生のいるお部屋へ。

image

写真はお向かいのNational Diet building前。いやこの建物見てダイエットせなあかんなぁと思うのであった。元気があれば何でもできる!

 

天水みかんグルメレポーター

びたみん農園さんの撮影で、熊本は玉名市、天水という地区のブランドみかん、天水みかんをグルメレポートしました。

みかんってほんまに奥が深い!この天水みかんは、甘さと酸味のバランス、味の濃さ、ジューシーさが絶妙!あと皮が薄いから、そのまま口の中に入れて弾け、皮を気にせず食べられる。撮影してるの忘れてずっと食べ続けてしまいそうだった。。。

撮影は寒かった。しかしみかんパワーで風邪ひかへんで。

image

 

みかんレポーター

和歌山県田辺市にて。美味しいものの取材。きてらの俺ん家ジュースが飲めるレストラン、みかん畑さんでたらふく食事を頂く。食事はビュッフェ形式なのですが、貴重な俺ん家ジュースはひとり1杯なのね。通常オレンジジュースって、冷凍保存して在庫調整する場合が殆どなのだそうですが、きてらの俺ん家ジュースはほんまの生絞りで絞ってすぐに瓶詰めされてるのです。だからリアルで味が濃い!
お腹がいっぱいになったあとは秋津野のみかん畑で撮影。その前にお友達犬のサブローくんにご挨拶。サブローくん会いたかったで!

帰り道は恒例の花山温泉と和歌山ラーメン王道コース。花山温泉はよしおセレクト関西3大温泉のひとつ。ここのぬる湯に何時間も入り浸りトリップするのだ。ここで常連の長老が登場。いきなり全身で大波を作りお湯を外に押し出す壮絶な儀式を始めだす。何をするかと思いきや、お湯を抜くことで新しい熱いお湯を強制的に噴出させるためやそうな。いやそれはスゴイ光景だ。

温泉のあとは和歌山ラーメン、今回は丸三。濃厚王道和歌山ラーメン。スープを飲みながらの、なれ寿司のうまさ。和歌山移住したい。

 

和歌山出張中

今年入って何回和歌山に来てるんやろか。いよいよ木々がみかん色になってきました。柑橘天国、そして温泉天国!

image

明日は美味しいモンレポートしに行きます!ほんでまた温泉な。

 

国際結婚司会

本日のカップルは新郎がイギリス系カナダ人、新婦が日本人でした。ゲストはカナダ、イギリス、アメリカ、韓国からお越し。

イギリス人の新郎おじさまのご挨拶は、ちょっと皮肉も込めたユーモアと愛が詰まっていて、また新郎のお父様の代わりとしての役目もあり途中で感極まってしまわれたり。合間合間で、私が日本語訳を挟み、皆さんにもその気持ちを分かち合っていただけたことかと思います。前もってスピーチ原稿を用意頂いていたので、ご事情やバックグラウンドなども十分理解し、また使う言葉も厳選することができました。しかしほんまええスピーチでした。。。

結びの方では、新婦のお父様の謝辞。日本語と、英語の対訳をご用意されていたのですが、当日生憎の雨。その事も触れたいとの事で、その箇所は私に英訳をと頼まれていたのですが、その1文にて、「本日は生憎の雨でしたが、この雨が二人のこれまで築き上げてきた努力を流してくれるように…」との事。

うーむ。。。せっかくの努力を、ひとつひとつ洗い流してはいけないかと。。。いやしかし言いたい事はわかる。effortsやなくて difficultiesにしてはどないか。

I believe this rain would wash each of their difficulties they had away.

ちょい意味は違うが、思いは伝わるかと。

バイリンガル司会は常時集中状態なので開いたあとはホンマヘロヘロになるのやが、各国みんなが一緒に気持ちを分かち合えるのが伝わり、何より嬉しく感じる。今回イギリス新郎のおじさまが、日本人客に気持ちが伝えられたことを物凄く感謝してくださった。前もって内容を伝えていただいたいたので、その分最適な言葉選びができたし、開宴前におじさまに段取りを打ち合わせられたからかと。やっぱり準備は周到でなくてはです。
image

2015-11-08 | Posted in よしお食堂international, 司会No Comments » 

 

ドイツのラジオ番組にてSEALDs取材、英語ジャーナリストの仕事 

ドイツの国際放送局DW、ドイチェ・ヴェレのラジオ番組(英語放送)にてジャーナリストの仕事。今回の取材先は京都。SEALDs KANSAIのメンバーからお話しをお伺いしました。

こちらは今回取材したDWのページ、
番組全体は、こちらのリンクからお聴きいただけます。担当した取材は40:17あたりから始まります。

こちらクリックでプレイヤーで簡単にお聴きいただけます↓

今回もよしおはインタビュアーとして、英語翻訳、英語ナレーションも担当しています。またauthorとしてYoshie Matsumoto、名前も入れていただいてます。

この放送の制作会社はイギリスのマンチェスターの会社で、放送局はドイツのドイチェ・ヴェレ、こちらは英語とドイツ語の放送があります。今回インタビューさせていただいた方はSEALDs KANSAIのメンバーで、京都にある大学に在学中。ドイツにも留学してはったとのことで、そちらでの生活の中で政治や環境問題などに関して興味をもつキッカケにもなったとのこと。日本生活していると平和に慣れ過ぎているところがあるのか、よしおもそうだったが、海外で生活すると、周りにいる人がいかに関心をもっているかを目の当たりにしたことがあった。色々知りだすとある意味、面白みもわかり、だんだん自分自身の意識も変わってきた。

イギリスの制作会社のプロデューサーは今回、平和であるハズの日本、しかも政治に無関心な若者の間でデモが起こっている。60年代からしばらく落ち着いていた学生運動が活発になっているということで、興味があって取材をという経緯になった。以前から打診はあったのやが、いきなり「明日取材できるか?」とのこと。そんなこんなでいきなりSEALDs KANSAIのメンバーの方と接触をとったのやが、快く引き受けていただきホンマに感謝しております。。。

ドイツ、大国やのに、実は未だ行ったことがない。ぼちぼち行ってみようと画策中。

 

1 / 812345...最後 »